2015年12月08日

手作り甘酒〜2015.12.7

a0027_000257_m.jpg

おぉ〜グッドタイミング!
友だちが自分で甘酒を作っているというので
どうやって作るのか聞こうと思っていたところよ。
昨日の『月曜から夜ふかし』に出演していた
石原良純さんのおススメのものとして紹介されていました。


甘酒は飲む点滴とも言われているくらい、健康に良いものですよね。
そして美容にも。
石原さんのおススメポイントは、便通が良くなるということ。
私の友だちが飲んでいる理由は、
美容や健康にも良さそうだし、腹持ちがよくて間食をしなくてすむということ。
手作りだとなおさら美味しいことでしょう。

『甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれているが、これらの栄養はいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であることから、「飲む点滴」と称されることもある[3]。』
甘酒Wikipediaより引用

〜番組で紹介されていた甘酒の作り方〜
教えてくださったのは、日本発行文化協会の是友麻希さん。
彼女は発酵食品の本を出しているんですね。参考になりそう。

【楽天】

酵素いきいき生甘酒 [ 是友麻希 ]

価格:1,404円
(2015/12/8 15:33時点)
感想(0件)



うま味凝縮 塩分控えめ さらに時短!凍り野菜レシピ / 是友麻紀 【単行本】

価格:1,188円
(2015/12/8 15:33時点)
感想(0件)



【Amazon】では見つかりませんでした。

★材料は、米麹とお湯だけ
甘酒と呼ばれるものは、『酒粕と砂糖』で出来ているものと
日本古来から親しまれてきた『米麹』から出来ているものの二通りある。

★甘酒は飲む点滴と言われるほど、
ビタミンや必須アミノ酸などが多く含まれ、栄養価の高いものです。
手作りの甘酒は加熱殺菌されていないため、酵素があまり失われず、
糀から出る豊富な栄養素を余すところなく摂取できる。ほぅ!


★米麹の甘酒は発酵させているので甘い(砂糖は含まれていない)

★簡単な作り方は★
炊飯器に麹を入れて、麹に対して2〜3倍のお湯(60°C)を入れる。
お湯の量には決まりはなく、お湯の量で濃度を調節する。
混ぜて、炊飯器のふたの代わりにふきんをかけて(ふたは閉めない)
保温ボタンを入れて、4時間発酵させる。
これだけ?
お粥のような出来上がりになります。
お好みによって、漉したり、ミキサーでかき混ぜたり。
私はそのままでもいいかなと思います。
必要なのは米麹だけなんですね。やってみたいっ。

【楽天】

【メール便送料無料】 白雪印 こうじ 200g×4個 【国産米使用】【倉繁醸造所】【乾燥米麹】【乾燥米こうじ】

価格:970円
(2015/12/8 15:55時点)
感想(157件)



★ちなみに、甘酒のカロリーは、81kcal/100gだそうです。




posted by テレビ好き at 16:13| Comment(0) | 月曜から夜ふかし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。